整形はまだするな メール相談 カウンセリング予約


BMI による肥満度自己診断

BMI(Body Mass Index)とは、現在最も信頼性が高い肥満度を表す指標で、世界中で標準的に使われています。このBMIが男女とも22の時に高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能障害等の有病率が最も低くなるということがわかってきました。そこでBMI=22となる体重を理想としたのが標準体重です。脂肪吸引や医療痩身を始める前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

BMI 肥満指数=体重kg/(身長m)2
標準体重=22×(身長m)2

 標準体重とBMI 肥満指数の判定
年齢
生別
身長 cm
体重 kg
 
 判定結果
あなたのBMI 肥満指数は です。
あなたの標準体重は kgです。
肥満度 のようです。
BMI 肥満指数判 定
≧25〜30>肥満度 I肥満
≧30〜35>肥満度 II
≧35〜40>肥満度 III
≧40肥満度 IV
≧18.5〜25>標準体重
<18.5低体重
■肥満と肥満症
BMIで25以上を肥満と判定しています。 ただし体重が多いといっても、脂肪が増えているのか筋肉が多いのか水分の過剰なのかということで意味は違ってきます。 正確には肥満は身体に過剰な脂肪が蓄積した状態です。 また最近は脂肪の分布も重要視され、特に内臓脂肪型肥満は健康障害を伴いやすいハイリスク肥満とされています。
肥満が、糖尿病をはじめ多くの生活習慣病の危険因子になっていることはいうまでもありません。 肥満と判定される人で、肥満と関連した健康障害を合併するか、その合併が予測される場合、あるいは内臓脂肪型肥満のようなハイリスク肥満があり、医学的に減量を必要とする病態を肥満症と定義しています。
■BMI の数値が高くなると
BMI が25を超えたら危険信号です。BMI が高くなるに従い、高血圧症や高血圧、糖尿病の生活習慣病にかかりやすくなります。 BMI>25で高血圧高中性脂肪血症、BMI>27で糖尿病、BMI>29で高コレステロール血症の発症率が2倍にもなります。その他肥満に伴い減量を要する健康障害については以下に示します。
■肥満に伴い減量を要する健康障害
▽2型糖尿病・耐糖能障害
▽脂質代謝異常
▽高血圧
▽高尿酸血症・痛風
▽冠動脈疾患:心筋梗塞・狭心症
▽脳梗塞:脳血栓・一過性脳虚血発作
▽睡眠時無呼吸症候群・Pickwick症候群
▽脂肪肝
▽整形外科的疾患:変形性関節症・腰椎症
▽月経異常

判定結果をダイエット方法の選択の目安にしてください。医療痩身や脂肪吸引については、信頼できるクリニックでのカウンセリングをお薦めします。

医療痩身-メディカルダイエット-ホーム /  肥満度自己診断 /  アドバイサリースタッフ /  サイトポリシー /  リンク /  サイトマップ
メディカルダイエット /  栄養学の基礎 /  メディカルエクササイズ /  プチ断食 /  危険なダイエット法 /  プライベートダイエット