整形はまだするな メール相談 カウンセリング予約

■医療痩身によるプチ断食 - マイクロダイエット

最近広がりつつあるダイエット法の一つとして「断食」があります。管理をきちんと行えばかなりの効果が認められており、単品ダイエットは、この断食を補助するものと考えることができます。
医療痩身によるダイエット
▼マイクロダイエットによるプチ断食プログラム VOL.1
 無理せず効果的にダイエットができる方法として、マイクロダイエットを使用して、準備、断食、復帰の三段階を3日間で行うプチ断食があります。2日間休みの方などは、休みの1日目に準備に入り、2日目に断食、そして仕事の日に復帰というパターンで行い、1日の休みで行う方は、休みの日に断食を行います。毎週行うことが理想ですが1ヶ月に1回または2ヶ月に1回でもかなりの効果があります。
▼3日目〜復帰日
 前日は、初めての方でも意外と簡単に断食できたはずです。 しかしプチ断食の時に一番大事なのがこの復食日 じつは一番辛い日なのです。ここであきらめて暴飲暴食してしまうと、内臓にかなりの負担をかけてしまうだけでなく、前日の断食の努力が水の泡になってしまいます。

【朝食】マイクロダイエット+お茶又はコーヒー・紅茶(砂糖抜き)
【昼食】おかゆ+梅干+お茶
仕事などでおかゆが食べられない方は、おにぎり1個(具は梅干などのカロリーの低いもの)を良く咬んで 、たくさんのお茶と一緒に食べましょう。
【夕食】自由。好きなものを。
ただし、好きなだけではなく、腹5分目で終わりにします。暴食をしてしまっては、せっかく休んでいた内臓に大きな負担を与えてしまいますので、あっさりとしたものを、良く噛んでゆっくり、半分残すつもりで食べるようにしましょう。実際にいつもの半分くらいの量でお腹がいっぱいになってくるはずです。それ以下でもお腹がいっぱいになったら終わってかまいません。

 昨日は案外簡単だったのに、いざ食べだすと欲求に駆られて辛い方も多いのでは? これは活動を休んでいた消化器が活発に動きだすためです。 ついつい欲求に負けて暴食しては努力した意味がありません。さらに難しいことかもしれませんが、以後1週間は、暴飲暴食は厳禁です。お酒タバコもできるだけ控えましょう。 しかし、いざ食べてみるとそれほど食べられなくなっていることに気づかれる方もいます。そうなると成功です。この日を境に食事の量が減ってくるはずです。

▼4日目
【朝食】自由(腹8分目)

これらのサイクルを、2ヶ月に1回、出来れば1ヶ月に1回行うことで、食べる量を減らすことが出来ます。途中で結果が出なかったり、多少のリバウンドがきても決してあきらめてはいけません。あせりとあきらめは禁物です。


インデックスページ
プチ断食 VOL.1 準備日/ 断食日/ 復帰日
プチ断食 VOL.2 準備日/ 断食日/ 復帰日
マイクロダイエット
マイクロダイエット
医療機関の肥満治療で唯一使用されているダイエット補助食品です。必要最低限の糖分、脂肪分が含まれ、1日に必要な栄養素が全て入っているので、1日1〜2食をマイクロダイエットにすることで、簡単に総カロリーを低く抑えることができます。
マイクロダイエットのページへマイクロダイエット
医療痩身によるダイエット
医療痩身専門美容外科
湘南美容外科クリニック新宿院
湘南美容外科クリニックhttp://www.sbc-shinjyuku.com
Free dial: 0120-5489-40
湘南美容外科クリニック横浜院
湘南美容外科クリニックhttp://www.sbc-yokohama.com
Free dial: 0120-5489-98
湘南美容外科クリニック藤沢院
湘南美容外科クリニックhttp://www.sbc-fujisawa.com
Free dial: 0120-5489-07

実績と安心価格の医療痩身は湘南美容外科クリニックへどうぞ。
脂肪吸引専門サイト
    「脂肪吸引最前線-脂肪吸引によるボディデザイン」
    脂肪吸引においてカウンセリングからアフターケアまでプロセスをおって詳細を解説します。

 


メディカルダイエット /  栄養学の基礎 /  メディカルエクササイズ /  プチ断食 /  危険なダイエット法 /  プライベートダイエット
医療痩身-メディカルダイエット-ホーム /  肥満度自己診断 /  アドバイサリースタッフ /  サイトポリシー /  リンク /  サイトマップ